2005年11月14日

能登紙器

能登紙器は石川県七尾市にあります。
半島の真中で工場立地としては恵まれていないように思われるかもしれません。
しかし、ここ七尾市は能登半島への玄関口であり、また石川県全域はもちろん富山県や福井県にも1時間程度でいける場所であります。
能登空港、能登有料道路、JR七尾線等交通網は完備され今なお道路網整備は進行中で、北陸3県の中心として発展しております。
ここ石川県七尾市で北陸3県を中心に全国に向け、ダンボール紙加工品でお客様の望むQCDを実現してまいります。特に能登半島、石川県のユーザー様にはきめ細かい対応でご満足頂いております。しかもインターネットの時代です!
物も情報もどこにいても最適の物が供給されるようになってきました。能登の玄関口だからこそできることがいっぱいあるのです!
posted by 能登紙器 at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。